大阪市西区 大型リチウムイオン電池のマイクロ・ビークル・ラボです。環境と高齢者に優しい未来を目指しています。

大型リチウムイオン電池のマイクロ・ビークル・ラボ
マイクロ・ビークル・ラボ
ホーム
商品紹介
お知らせ
会社概要
リンク
English Page
 問合せ先
マイクロ・ビークル・ラボ
株式会社 松尾まで
電話:06-6225-5398
matsuo@mvl.co.jp

  CONTACT INFO

Micro Vehicle Lab.,Ltd.
E-mail matsuo@mvl.co.jp
4rd Int'l Rechargeable Battery Expo  BATTERY JAPAN
3rd Int'l Rechargeable Battery Expo  BATTERY JAPAN
おおさか地域創造ファンド

大型リチウムイオン電池によるカスタム電源


代表取締役 松尾 博
代表取締役
松尾 博

2005年4月に設立して、今年は11年目を迎えます。大型のリチウムイオン電池を用いて、ご希望の電圧・容量に応じた組電池(電池モジュール)の設計・製作を行ってきました。

この間、ロボット用の電源、小型EV用の電源、競技用車両の電源、40kWhクラスの船舶用の電源まで数多くのプロジェクトに参画させていただきました。さらに電池周辺技術としてBMSだけでなくパワーデバイスを利用した遮断回路やDC/DC、インバータの試作も進め、皆様の研究開発のスピードアップに貢献できるよう努力しております。

私たちは『目の届く所でのものづくり』を重視し、日本のセルメーカー&デバイスメーカーの技術を大切にしてきました。これまでの経験を生かして、さらなる低炭素社会の実現に向けて研鑚いたします。

お知らせ

  • 電話およびFAX回線の移行手続きが遅延しており10/19~11/4まで不通状態となっています。お問い合わせはメールでお願いします。NEW
  • EV試作支援大型Li-ion電池の情報を更新しました。NEW
  • 理化学研究所の介護支援ロボット「ROBEAR」君のリチウムイオン電池で協力させていただきました。

得意分野とコア技術

  1. 大型リチウムイオン電池モジュールの設計・製作
    (ご要望の電圧・容量に応じたカスタムメイドを1台から)
  2. 日本メーカーのリチウムイオン電池を直接購入
    (用途に応じた信頼性の高いセルを選定)
  3. 最新の保護ICを利用したBattery Management System
    (リニア社のLTC6803、LTC6804を利用した回路を開発し、
     現在はLAPIS社の保護ICやパワーデバイスの有効利用を研究中)
  4. 小型EV、車いす、電動船舶まで多くの実績
    (24V系から350V系まで経験豊富)
  5. 中立な立場で電池の正しい利用方法を指導
    (研究者としての技術的視点に立って)

マイクロ・ビークルとは



i-REAL(トヨタ自動車殿)
動画を見る
マイクロ・ビークルとは、電気で動く小型の乗り物、電動スクーター、電動車いす、一人乗りの超小型EV、ロボットなどを示します。
マイクロ・ビークル・ラボ(株)では、この小型EVに最適なリチウムイオン電池の設計・試作を行い、環境と高齢者にも優しい未来の乗り物の開発を支援させていただきます。お気軽にご相談下さい。
お問い合わせは、メール・お電話(06-6225-5398)からどうぞ。

写真=2007年の東京モーターショウで登場したi-REAL(トヨタ自動車殿)