当社のLi-ion(リチウムイオン)電池を使用した研究が進んでいます。

大型リチウムイオン電池のマイクロ・ビークル・ラボ
ホーム
商品紹介
お知らせ
会社概要
リンク
English Page
 問合せ先
マイクロ・ビークル・ラボ
株式会社 松尾まで
電話:06-6225-5398
matsuo@mvl.co.jp

  CONTACT INFO

Micro Vehicle Lab.,Ltd.
E-mail matsuo@mvl.co.jp
4rd Int'l Rechargeable Battery Expo  BATTERY JAPAN
3rd Int'l Rechargeable Battery Expo  BATTERY JAPAN
おおさか地域創造ファンド
TOP > お知らせ

お知らせ

展示会の予定  |  出版物の紹介|  出展の御礼

●展示会・講演会の予定

第124回型技術セミナーで講演します。
 日時:2017年7月18日(火) 9時50分~16時30分
 場所:芝浦工業大学 芝浦キャンパス
 内容:「乗り物の電動化に貢献する型技術の最前線」の中で
    大型リチウムイオン電池モジュール(組電池)の紹介をさせていただきます。
    詳しくは型技術協会にお問い合わせください。  


サービスロボット開発技術展に出展します。
 日時:2017年6月8日(木)9日(金) 10時~17時
 場所:インテックス大阪
 


●出版物の紹介

◆エネルギーデバイス 2014年6月号


  • エネルギーデバイス 2014年6月号 特集3「車載バッテリーセル/パックの制御とパワートレインの耐久性評価・試験法」の中で『超小型EV用リチウムイオン電池を用いたモジュール設計のポイント』を執筆させていただきました。
    発行:技術情報協会、隔月30日発刊、年間購読料:50,000円(税別)



◆次世代蓄電池の【最新】材料技術と性能評価


  • 次世代蓄電池の【最新】材料技術と性能評価 第2章第11節「リン酸鉄正極材料を用いたリチウム二次電池モジュールの特長と性能評価」を執筆させていただきました。
    発行:技術情報協会、定価:95,000円(税別)、発行:平成25年12月



◆新製品開発における軽薄短小化への新技術


  • 第2章第6節の車載リチウム二次電池モジュールの小型・軽量化技術の部分を執筆させていただきました。詳しくは技術情報協会にお問い合わせください。
     発行:技術情報協会 定価:99,750円(税込)
     体裁:A4判 831頁 発刊:平成24年10月




◆リチウムイオン二次電池/材料の発熱挙動・劣化評価と試験方法


  • 各方面の先生方とともに執筆させていただきました。ご希望の方は技術情報協会にお問い合わせいただくか弊社までご連絡下さい。
    発行:技術情報協会 定価:84,000円(税込)
    体裁:B5判 359頁 発刊:平成23年1月

    本の詳細は、http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1583.htm をご参考下さい




◆リチウムイオン二次電池/材料の発熱挙動・劣化評価と試験方法


  • 各方面の先生方とともに執筆させていただきました。ご希望の方は技術情報協会にお問い合わせいただくか弊社までご連絡下さい。
    発行:技術情報協会 定価:84,000円(税込)
    体裁:B5判 359頁 発刊:平成23年1月

    本の詳細は、http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1583.htm をご参考下さい




◆最新リチウムイオン二次電池 ~安全性向上および高機能化に向けた材料開発~


  • 最新リチウムイオン二次電池 リチウムイオン電池について、先生方による専門書に弊社代表も執筆させていただきました。
    ご希望の方は、出版元である情報機構にお問い合わせいただくか、弊社までご連絡ください。
    発行:(株)情報機構 定価:72,450円(税込)
    A4サイズ 424頁 ISBN 978-4-901677-96-7

    [お問合せ先]
    メール(matsuo@mvl.co.jp)、電話06-6225-5398



◆『挑戦する中小企業 in OSAKA』


  • 挑戦する中小企業 in OSAKA『挑戦する中小企業 in OSAKA』巻頭文より
    「本書で紹介する20の企業は、この大阪、関西人の祖先の発明、
    ものづくり、新商売のDNAを受け継いだ経営者の企業である。
    (中略)
    本書がこれから起業を志す人、企業経営で問題を抱えている人、
    そして全ての企業人に勇気を与え、起業や経営の参考になれば
    幸いである。」

    編集者:企業クローズアッププロジェクト  発行所:(株)星湖舎
    定価:1,600円+税  A5サイズ  254頁  ISBN 978-4-921142-98-8

●出展の御礼

2016年度出展
3月1日~3日 東京ビッグサイトで開催された「国際二次電池展(スマートエネルギーweek2017)の大阪市のブース内に出展しました。EV用変速機を開発する(株)繁原製作所殿と並んで出展です。大阪を代表する2社が出展していますとPRしました。久しぶりの二次電池展で、懐かしい方にもお会いする事が出来ました。
2月15日~17日 インテックス大阪で開催された「MEDIX-KANSAI(第7回関西医療機器開発・製造展)に出展しました。大阪府MOBIOの健康・医療研究会からの共同出展でした。新たに開発したBMSを搭載した25V(7直列)と50V(14直列)の電池モジュールを展示しました。

11月15日~16日 ホテルグランドヒル市ヶ谷で開催された「防衛装備庁技術シンポジウム2016」にSiCを利用したDC/DCを展示しました。
有線ドローンへの給電システムを狙っています。
10月31日~11月2日 東京ビッグサイトで開催された「新価値創造展2016」にLi-ion電池を搭載したコムスを展示しました。

9月6日 大阪国際会議場(大阪市西区)で開催された「蓄電池、水素・燃料電池  国際カンファレンスin大阪」でコムスを展示させていただきました。
トヨタのMIRAIやホンダのクラリティFC、トヨタ86を改造したEVなどFC&EVが集結しました。


2015年度出展
12月3日
~4日
京都リサーチパークで開催された先進パワーエレクトロニクス国際フォーラムの福井大学の展示ブースにAll-SiCインバータ(入力DC48V、出力3相200V)などを展示しました。
11月25日 自衛隊松戸駐屯地にある需品学校のQMフェアでリチウムイオン電池を展示しました。
需品学校は食糧や燃料等の補給を行う訓練所ですが、災害時の炊き出しやお風呂の提供で有名です。
11月18日
~20日
幕張メッセで開催された国際放送機器展(InterBEE)にパコ電子殿と共同出展しました。リチウムイオン電池を搭載した新型コムス、TV用小型バッテリー、SiCによるDC/DCやインバータを展示しました。

11月10日
~11日
防衛装備庁で開催された技術シンポジウムの先端技術ブースにリチウムイオン電池用BMSやパワーデバイス(SiC)をMOS-FETに使用した保護回路を展示しました。

2013年度出展
2月27日
~3月1日
東京ビッグサイトで開催されたスマートエネルギーWeek 2013の中の第4回、国際二次電池展に出展し、リチウムイオン電池を搭載した新型コムスを展示しました。

1月16日
~18日
東京ビッグサイトで開催されたEV・HEV駆動システム展(EV JAPAN)に出展しました。
新しいBMSとリチウムイオン電池を搭載した新型コムスを発表しました。


2012年度出展
2月29日
~3月2日
東京ビッグサイトで開催された第3回国際二次電池展に出展しました。
H24年度の大阪府EV開発助成の成果を発表いたしました。


2011年度出展
11月9日
~12日
東京ビッグサイトで開催された国際ロボット展に出展しました。新たに開発したロボット用BMSや電池モジュールを見ていただきました。





2010年度出展
3月6日
~19日
福井県三方五湖にて電池駆動船舶の実証試験を行いました。
このプロジェクトは、経済産業省の低炭素実証事業に基づくものです。
7月28日
~30日
東京ビッグサイトで開催されたROBOTECH(ロボット製造技術展)に出展しました。RooBO殿のご支援で良い技術アピールが出来ました。




2009年度出展
11月4日
~6日
東京都より招へいされ、産業交流展2009に出展しました。静岡理工科大学の皆さんにご協力いただき、フォーミュラEVを東京まで輸送し、展示しました。
9月10日
~12日
社)自動車技術会が主催する第7回全日本学生フォーミュラ大会の会場で静岡理工科大学とともに製作したフォーミュラEVの展示とテスト走行を行いました。




2008年度出展
12月16日
~17日
FC EXPOセミナーIn大阪の会場でリチウムイオン電池とつくばチャレンジに参加した「クリコア・ビークル号(別名:たこ焼き号)」を展示いたしました。 クリコア・ビークル号詳細(pdf)
5月30日 (株)KRIワークショップ「蓄電デcバイスの現状と将来~エネルギー変換研究部10周年記念~」の会場で出展させていただきました。
1月24日
~25日
技術革新フェア「RooBO技術展」の中で大型リチウムイオン電池の紹介と広島大学辻教授よりお借りした車いす型ロボット「CHRIS」(pdf)を展示しました。




2007年度出展
6月21日 RooBO定例会(技術マッチング)の中で大型リチウムイオン電池の紹介をさせていただき、ありがとうございました。
6月19日 大阪府商工会館7階にて「第21回事業化交流マッチング」にて企業紹介させていただき、ありがとうございました。
5月25日 (株)KRIワークショップ「蓄電デバイスの最先端Ⅲ」の中で「車載用ノート型リチウムイオン電池の商品化展開」について講演させていただきました。ご清聴ありがとうございました。。
2月7日
~9日
FC EXPO 2007(東京ビッグサイト)
コンボイ88-Liの座席を外して、リチウム電池の搭載状態を見ていただきました。
また、7セルパック1個で小型TVの連続放映テストを行いました。
1月19日 脱石油依存社会に向けた「新エネルギー技術創成フォーラム」(場所:グランキューブ大阪)の二次電池分野で講演を行いました。ご清聴ありがとうございました。




2006年度出展
12月 12日
~13日
日本放送協会の環境経営特別展(NHK放送センター)にコンボイ88-Liを出展しました。
11月 30日

12月 2日
エコカーフェア 2006 in 大阪(インテックス大阪)
大阪市内で営業車両として使用されているコンボイ88-Liをお借りして展示させていただきました。
10月 22日
~28日
EVS-22(国際電気自動車シンポジウム、場所:パシフィコ横浜)
コンボイ88-Li(リチウム電池搭載)とEVスクーター(リチウム電池搭載)を展示しました。
EVS-22のパレードにも参加しました。
展示会場 赤レンガ広場
展示会場 赤レンガ広場
コンボイ88-Li(リチウム電池搭載)と社長
コンボイ88-Li(リチウム電池搭載)と社長
電動スクーター(リチウム電池搭載)
EVスクーター(リチウム電池搭載)
EVスクーターのメーターパネル
EVスクーターのメーターパネル
7月 29日 兵庫県播磨町の夏祭りに一人乗り電動車輌とEVスクーターを展示しました。
6月 3日
~ 4日
エコカーワールド2006(横浜赤レンガ広場)
リチウムイオン電池を搭載したEVスクーターを見ていただきました。
2月 23日
~24日
i-unitと社長
i-unitと社長
ロボット・関連産業マッチングフェア (西日本総合展示場:北九州市 小倉北区)
広島、山口そして九州の方々にみていただきありがとうございました。
1月 25日
~27日
FC EXPO 2006(東京ビッグサイト)
光岡自動車よりコンボイ88Liやノート型電池とLEDを組合せた展示を行い、多くの方々に見ていただき、ありがとうございました。
FC EXPO 2006出展の様子FC EXPO 2006出展の様子FC EXPO 2006出展の様子




2005年度出展
11月 29日
~30日
FC EXPO in 大阪(グランキューブ大阪)
多くの研究者の方々とお会いすることが出来、こちらが勉強させていただきました。ありがとうございました。
10月 26日
~29日
低公害車フェア2005 in 大阪(インッテックス大阪)
ノート型リチウムイオン電池を搭載した一人乗りの電動車輌(コンボイ88Li)を展示しました。車輌の展示にあたり多く方々のご協力に感謝いたします。
7月 13日
~17日
ROBOTREX(インテックス大阪)
18万人という多くのご来場に感謝いたします。 出展にあたり、RooBOスタッフの方々に感謝いたします。
ROBOTREX出展の様子ROBOTREX出展の様子ROBOTREX出展の様子
pdfファイルを開くには、Adobe Reader(無料)が必要です。 ファイルが開かない場合はダウンロード・インストールしてください。